2014年07月09日

「寺子屋」が完成!! 書き損じハガキ取り組み

世界には、文字の読み本・書きペン、計算ができない

非識字者といわれる約77500万人の大人や、

学校へ通えない児童(611歳)が、約5700万人もいます。 


そのような大人や子どもたちがともに学ぶことができる場を提供し、

未来ぴかぴか(新しい)に向かって一歩踏み出すことができるような環境をつくる支援

をしているのが、日本ユネスコの世界寺子屋運動です。

19892012年までの23年間に集まった募金揺れるハートで、世界中の約128万人が

文字の読み書きや計算が学べるようになりましたわーい(嬉しい顔)。 


あいち生協では自宅で出来る組合員活動として、

2007年度から毎年1月に書き損じハガキメモを組合員の皆さんから回収し、

そのハガキを切手に換え、日本ユネスコ協会へ送っています。

これまでの取り組みでは、78,438ものハガキが集り、

3,426,644もの募金ハートたち(複数ハート)をすることができました。


50円の書き損じハガキが45円の募金となり、

それでできることとは・・・

 ★インドでは給食4回分

 ★ラオスではチョーク35本

 ★アフガニスタンではノート1冊とボールペン2本

 ★ネパールではえんぴつ7


私たちの日ごろの貨幣価値に比べ、
「色々なことができるひらめき」ことがわかります。


その取り組みの中で、2012年度・2013年度は募金額の一部を

カンボジア王国の寺子屋建設に指定して支援しました。


       建設途中の様子

DSC04120.JPG


DSC_0167.JPG



そして今回、2014年6月12日にあいち生協からの募金も

含めた支援で建設されていた寺子屋が完成しましたexclamation×2



カンボジアでは12件目の寺子屋で、

Lvea Krang(ルウィア・クラン)寺子屋という名前です。


IMG_5597.JPG


IMG_5601.JPG

開所式典には多くの来賓に加え、周辺の村からも600人

もの人々が集まり、大変盛大に執り行われました。


この寺子屋では、成人のための識字クラスや地域のニーズに応じた

さまざまな職業訓練を通じて、村の教育や経済が持続的に発展できる

よう本格的な活動を始めるそうです。


また寺子屋の運営にあたり、初の女性運営委員長が選出されたとのこと。

村の資源を生かした収入向上活動として竹細工を始めるなど、

女性リーダーとしての視点目や取り組みるんるんで、

今後の活躍が期待されていますダッシュ(走り出すさま)


   委員長 「Ms.Trak Sreyphon」さん

IMG_5603.JPG




 建物の銘板には、支援した団体名として、

「あいち生協」の名前が建物の銘板に刻まれました。

 IMG_5592.JPG


IMG_5595.JPG

ちなみに、
カンボジアのアンコール遺跡のある
シェムリアップ州バリン郡のルウィア・クラン村
にあります。

お近くにお立ち寄りの際には、ぜひ・・わーい(嬉しい顔)


小さな力も積み重なれば、とても大きな支援になります。


書き損じハガキの取り組みは、

どこへも出かけることなく、身近で誰でも出来る平和活動です。 


あいち生協では引き続きこの活動を支援していきたいと考えています。

今後もぜひみなさんのご協力をお願いいたします。


           よろこびの森カレッジ企画委員会


posted by あいち生協 at 15:32| Comment(1) | 書き損じハガキ
この記事へのコメント
なかなかどこにどう役立っているのかわかりにくい募金。このような報告は、とても意味があると思います!写真があるのが、特にいいですね。
Posted by 濱中律子 at 2014年07月14日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。