2014年06月18日

「野田味噌商店!」 みそ作り体験&みそ蔵見学を開催しました。

IMG_4564.jpg
2014年5月21日(雨
豊田市桝塚の野田味噌商店にて…
組合員さん3名と生協パートさん3名・生協役職員5名で楽しく
学習・体験してきましたるんるん昭和3年に創業され、こだわりと信念を持って
愛され続ける桝塚味噌「野田味噌商店」さん…
IMG_4462.jpg
説明&案内をしていただいたのは、
「一級みそ製造技能士」の中川さんるんるん
味噌の種類やこうじ菌など、いろいろお話していただきましたが、
その中で、みそパワーはスゴイ!を2つ紹介します黒ハート

misoでキレイ」
毎日、お味噌汁を飲む人は、乳がん発症率が半分になる!
美肌効果もあるそうですよ!
大豆イソフラボンのパワーはすごいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

「みそと塩分の話」
同じ食塩量でも、みそからの摂取は30%の減塩効果がある。
何から塩分を摂るかが大事exclamation×2
ということでした。


次に、味噌蔵へ移動して、みそ作りを見学!
IMG_4472.jpgIMG_4477.jpg
大正時代の小学校校舎を移築したという味噌蔵の教室で、
昔にかえって、「食育」のお勉強。
微生物の働きについて、「発酵と腐敗」の映像を見せて頂きました。
自然の力のすごさを、改めて感じました!





味噌蔵は、第二次大戦中の海軍飛行場の格納庫だった場所で、
歴史の重みがあり、オルゴール調の音楽が流れていて、明かりも暗く、
すごく落ち着く場所でした。
IMG_4490.jpgIMG_4498.jpg
味噌蔵の中には、杉や桧の木桶が約400本あり、
その中でみそは大切に育てられているそうです。

建物やみそ樽にいる微生物の声が聞こえてきそうな感じでしたモバQ


IMG_4497.jpgIMG_4503.jpg
味噌樽を作る職人さんは、今はもういなくて、
プラスチック容器やステンレス容器に変わりつつあるそうですたらーっ(汗)
野田味噌商店さんの一番新しいタルでも50年は経っているそうです。
未来を守るために、こだわり続ける野田味噌商店さんを
応援し続けたいと思います!




いよいよ味噌作りです!わーい(嬉しい顔)
IMG_4504.jpgIMG_4507.jpg

最初に、4日間かけて作られた「みそ玉」を手でつぶしていきます。


IMG_4517.jpgIMG_4520.jpg

IMG_4550.jpg

その「みそ玉」に塩と水を入れます。

IMG_4528.jpgIMG_4530.jpg

それを、均一に混ぜていきます。

IMG_4536.jpgIMG_4532.jpg

これが…
かなり重くて、女性の力ではナカナカ混ぜれませんあせあせ(飛び散る汗)
全身を使って、みんなで頑張りました!!

その成果が、こんな感じです。
IMG_4551.jpg
上から棒でたたいて空気を抜いています。

あとは重石をして、じっくりみそが育つのを待ちますぴかぴか(新しい)
一年半後にあえるのが、とても楽しみですハートたち(複数ハート)

IMG_4565.jpgIMG_4567.jpg
お味噌さん、おいしくな〜れるんるん


昼食のお弁当に、おいしいお味噌汁とおかずを用意していただけました。
IMG_4571.jpg
お味噌汁におでん。
そして、塩こうじのトマト、豊橋名物?「うずらたま5くん」です。
どれもみんな美味しかったですよ!


野田社長の「味噌はつくらない。育てるもの」の精神が
たくさん活きていた「野田味噌商店」さんでした。




最後に、おいしいお味噌汁のコツを教えていただいたので、
紹介します。皆さん、作ってみて下さいね。

@分量を計ろう(一人前は180ccの水に18gのみそが適量)
A絶対に沸騰させない!(発酵食品は高熱に弱いです)


参加していただいた皆さん、色々と教えていただいた中川さん、
本当にありがとうございました。。。






posted by あいち生協 at 15:03| Comment(0) | メーカー見学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。